日本初!株式会社ライナフと提携、自宅不在時でも「サービスが入ってくる家」プロジェクト開始

家事代行サービスや宅配と提携した賃貸マンション東京都大田区「ジニア大森西」
〜全居室にスマートロックを完備、2018年2月下旬よりサービス開始〜

シェアリングエコノミーの家事代行マッチングプラットフォーム「タスカジ」を運営する株式会社タスカジ(本社:東京都港区、代表取締役:和田幸子、以下タスカジ)は、不動産活用のためのスマートロックなどの IoT製品を開発している株式会社ライナフ (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:滝沢 潔、以下ライナフ)と提携し、東京都大田区の賃貸マンション「ジニア大森西」にて、日本初となる「サービスが入ってくる家」プロジェクトを2018年2月下旬より開始します。

本プロジェクトは、ライナフが、タスカジ、生活協同組合パルシステム東京、株式会社ホワイトプラス、honestbee株式会社、株式会社ベアーズの5社と提携し、ライナフの製品であるスマートロック「NinjaLock」を活用することで、遠隔操作によるサービススタッフの本人認証とマンション内への受け入れ、居室ドアの解錠を実現。自宅不在時でも宅配や家事代 行サービスを受けることを可能にする、日本で初めての取り組みです。

タスカジは、本プロジェクトが、家事代行をはじめとするさまざまな家ナカ支援サービスに携わる方にとって、「拡大家族」の一員として居住者の生活をより豊かにする足がかりとなることを期待しております。

■「サービスが入ってくる家」プロジェクト発足の背景

株式会社ライナフによるコメント ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
従来「標準世帯」と呼ばれていた夫婦と子供から構成される世帯は減り、2010年以降は、「単身世帯」がもっとも高い割合の世帯類型になっています(※1)。さらに、「DINKS(Double Income No Kids の略、共働きで子供を持たない世帯のこと)」も増加傾向にあります。このような世帯構造の変化とともに、インターネットから購入した品物を自宅で受け取れる宅配や家事代行サービスのニーズが高まっています。しかし、単身者や共働き世帯は日中の時間帯に家を空けることも多く、宅配物の受取や家事代行サービス利用時の鍵の受け渡しが困難な状況にあることも事実です。

私たちライナフは、今後の日本社会に求められる「住まいのカタチ」は、これまで「広さ」や「機能」といったハード面が重視されていたものから、「IT を駆使」し、「より柔軟にサービスが利用できる」ようなソフト面が充実した住まいへと大きく変化すると考え、今回のプロジェクトの立ち上げに至りました。

 

※1:国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」(2013) より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■「サービスが入ってくる家」プロジェクトとは


「サービスが入ってくる家」プロジェクトとは、スマートロック「Ninja Lock」やオートエントランス解錠システム「NinjaEntrance」などの IoT製品を活用することで、入居者の自宅不在時にも、家事代行や荷物の宅配などの各種宅配サービスが家の中に入ってくることを可能にするものです。

■「サービスが入ってくる家」プロジェクトの仕組みと提携サービスについて

東京都大田区の賃貸マンション「ジニア大森西」にて、共有エントランス部に「NinjaEntrance」を、36室の全ての居室に「NinjaLock」を設置します。
サービスが入ってくる家プロジェクトオペレーション専用のコールセンターが、電話による各事業者のサービススタッフの本人確認と、インターネットを経由した鍵の開閉操作を遠隔で行います。入居者は、スマートフォンの「NinjaLock」専用アプリから自室玄関ドアの開閉履歴を随時確認できます。また、居室不在時のセキュリティ強化のために、玄関部の人の出入りの動きを撮影し、スマートフォンアプリから確認できるクラウドカメラ「Safie(セーフィー)」と、錠前付きの室内扉を設置しています。
■「ジニア大森西」物件概要


所在地:東京都大田区大森西 1-19-14
規模・構造:地上 7 階・鉄筋コンクリート造
総戸数:36 戸
間取り/専有面積:1LDK/47.77 ㎡
建物竣工時期:2018 年 2 月下旬(予定)
管理会社:東急住宅リース株式会社
※記載されている会社名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

■株式会社ライナフについて
「不動産に確かな価値」をビジョンに掲げ、不動産向け IoT 製品「NinjaLock」(スマートロック)、「NinjaEntrance」(スマートエントランス)を発売。更にスマートロックを活用した仲介予約システム「スマート内覧」や貸会議室予約システム「スマート会議室」などのWEB の仕組みと連動したサービスも幅広く展開しています。
今回の「サービスが入ってくる家」プロジェクトでは、IoT 製品と各種宅配サービスを組み合わせることで、入居者の生活の質と物件の付加価値の向上を提案します。今後も、全ての不動産に新しい価値を提供していきます。

株式会社タスカジについて
2014年7月に家事代行マッチングサービス「タスカジ」(https://taskaji.jp/)の運営を開始。1時間1500円からという業界最安値で、掃除・料理からチャイルドケアまで幅広く依頼できる点や、プロフィールやレビューを見て自分にピッタリのハウスキーパーを選べる点、タスカジさんの個性や得意を活かして自由にサービスをパーソナライズドできる点が評価され、共働き家庭を中心にサービス利用者が急増中。
会員数23,000名、登録ハウスキーパー数800名。日経DUAL「家事代行サービス企業ランキング2017」1位。CHANTO「ワーママサポート大賞2017」ネクストブレイク賞を受賞。代表の和田は日経WOMAN「WOMAN OF THE YEAR 2018」働き方改革サポート賞を受賞。

[会社概要]
社名:   株式会社タスカジ
設立:   2013年11月6日
代表者: 代表取締役 和田幸子
URL   :http://corp.taskaji.jp
所在地  :東京都港区芝2-26-1 iSmartビル301
事業内容:家事代行マッチングプラットフォーム「タスカジ」の運営

■本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

こちらのお問合せフォームから、広報担当 平田までご連絡ください。