代表あいさつ

代表あいさつ

 

タスカジはフルタイム勤務のワーママが、2014年に立ち上げた「家事シェア」サービスです。

近年、共働きというライフスタイルが増えている一方で、家事の担い手不足の問題は、各家庭内の中だけで解決策を模索してきました。
その結果、女性に多くのしわ寄せが行き、キャリアアップを目指したり、精神的に余裕のある生活や自分の時間を持つことを望むことが、この上ない贅沢になっているのが現状です。
そんな女性のワーク・ライフバランスを実現するためにも、これからの日本には「家事シェア」が必要です。夫との「家事シェア」もありますし、アウトソースによる「家事シェア」もあると思います。
これまでの日本は、一般家庭が気軽に家事をアウトソース出

来るような環境ではありませんでした。海外のように、もっと低価格でありながら質が高いハウスキーパーを安心して利用できるような仕組みを作りたい。そんな想いを胸に「タスカジ」を立ち上げました。

家事を他者とシェアする「家事シェア」についての考え方を広く一般に広め、1人ひとり自分らしく生きる時間を増やせる世界をめざします。

代表取締役社長 和田 幸子


CEOブログ更新中

こちらから


代表プロフィール

  • 1975年生まれ
  • 1999年横浜国立大学経営学部を卒業し富士通株式会社に入社。システムエンジニア<ERPの開発>(6年)、慶應義塾大学経営管理研究科(MBA)に社費留学 (2年)、WEBマーケ、新規事業立上<クラウドサービス>(5年)に携わる。
  • 2009年 第一子出産後、フルタイムで復職。
  • 2013年10月富士通株式会社を退職。同11月ブランニュウスタイル株式会社を設立、翌年7月「タスカジ」をオープン。自身の課題である共働き家庭における家事の担い手不足を社会課題ととらえ、「新しいライフスタイル」の実現に必要な社会インフラを「IT」で作ることを目指す。
  • 2016年2月経済産業省工業標準化推進事業サービス標準方向性調査委員会委員に就任。
  • 2014年から多数の講演会に登壇、新たな家事分業の在り方を提唱

過去のインタビュー記事

くらしと仕事(2017/2/2)

@nifty comorie (2017/1/27)

NTTDaTa INFORIUM (2017/1) 家事という重い荷物を背中から下ろせば、より多くの選択肢にチャレンジできる

ShareShareShare!(2016/12/07) 掃除や料理に英会話!? 家事代行サービス『タスカジ』が提案する“付加価値のマッチング”と“新しい家族のカタチ”とは?

SnakeiBiz (2016/11/28)

DRIVE インターン(2016/9/28)

BCN BizLINE(2016/6/27)

日経DUAL(2016/06/10) 和田幸子/「タスカジ」でもっと家事代行サービスをシェアし合える世の中を目指したい

Google広報誌「g-SPHERE」(2016年4月号) Innovator ITで社会に変革を起こす女性たち

SUUMO 家事のミカタ(2016/3/2)

キャリタス福祉(2016/2/29)

AERA(2016/2/29) パワーおやつと残業メシ

日経キャリアマガジン(2016年1月12日発行) 私たちクラウドビジネスで起業しました

ラシク(2015/12/24)

朝日新聞GLOBE(2015/12/12)

bizmom (ビズマム) 2015年 夏秋号 手が回らない家事はプロの手を借りて。仕事も子育てもグッとスムーズに

毎日新聞(2015/11/15) お悩み解決・仕事&家庭:掃除を外注したい

富士通ジャーナル(2015/6/19) 

ハフィントンポスト(2015/6/4)

ハフィントンポスト(2015/5/30) 

しろくまnet (2014/12/5)

パワーママプロジェクト(2014/4/22)

BCN Bizline (2013/2/11) 「一番」にチャレンジする